●東京では5回目を迎えた「文七元結 補訂/岡田嘉夫」公演。 古典落語の名作「文七元結」を鬼才の画家・岡田嘉夫が桂やまとにあてて翻案した一席です。 桂やまとは古典を研鑽し評価の高まる落語協会の若手真打。 新たな人物の造形、 […]